労使癒着が甚だしい前時代的な企業の名古屋の老舗百貨店・丸栄

労使癒着が甚だしい前時代的な企業の名古屋の老舗百貨店・丸栄

ボーナスは、賃金を払いたくない意志の表れです。本来は、毎月の賃金にそれは上乗せされるのですが、使用者は、経営の事情があるので、ボーナスの上下でごまかすのです。
私が勤務していた名古屋の老舗の百貨店・丸栄の子会社・栄工社は、有期雇用労働者(会社の扱いは常勤パート)には、寸志と称して、15000円程度のカネしか渡しません。
しかも時給は950円。それに交通費を合わせて支給するだけというとてもせこい会社です。
さらに、作業で使用する軍手などは、自弁です。
時給950円の有期雇用労働者に軍手やボールペンなど作業に要する備品を自腹購入させるその神経を疑います。
栄工社の会社の親会社は百貨店の丸栄です。
この労組は、子会社の正社員まで丸栄労組として組織化し、労組が、会社の一機関であることが明白です。
しかも、この丸栄労組の委員長だった. 江 﨑 美治洋はその後、丸栄の社長にまでなり、現在は会長です。さらにサカエチカの役員まで兼任しています。
そして、栄工社の西井取締役は丸栄労組の委員長です。
現在の丸栄労組の委員長は渡 邊 憲 司ですが、彼は丸栄の従業員でもあるのにも関わらず、子会社の36協定を結んでいた事実があります。
参考記事
http://www.labornetjp.org/news/2015/1447563451175staff01

こんなに労組と企業が癒着し、しかも労組が企業の労務管理として動くコンプライアンス無視な会社があっていいのか。
その会社は百貨店・丸栄です。
ちなみに丸栄労組の上部団体はUAゼンセンです。

さらに、百貨店・丸栄の子会社の栄工社の就業規則には、パートは組合員資格なし、と過去はかかれていましたが、以前、私が在籍していた労組の力でそれも「1年くらい」かかってようやく削除しました。

そのときの企業側の弁護士の言い分がその条文が死文化している、という言い訳です。

企業も企業なら、弁護士も弁護士もだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中