安倍ちゃん、改憲の戦意喪失状態、それがスーパーマリオになって変化した

そもそも第二次自民党憲法案が、第一次より後退した。
あの舛添からさえも「国家と個人が対だから立憲主義なのに、人、では、動物か」とまで指摘する始末。
だから、安倍ちゃん、その自民党憲法では改憲の勝負に出られない。連立与党の公明党からも?だし、民進党改憲派からも?です。橋下でさえ、自民党憲法には否定的ですからね。
そのような状況の中、夏の参院選で東北惨敗という悲劇が自民党に襲い掛かる。これが安倍ちゃんの改憲の戦意喪失であり、その後の小池の極右の雄叫びは、東北惨敗の事実を「癒す」だけだった。

安倍ちゃん、改憲の戦意喪失状態、それがスーパーマリオになって変化した

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中