最低賃金向上のために中小企業支援という厚労省の発表によろんでいるやつは労働者のカスだ

最低賃金向上のために中小企業支援という厚労省の発表によろんでいるやつは労働者のカスだ。こんなもん企業に助成金がいく、というよくある小役人のよくあるテだ。
さらに大企業の内部留保課税で喜ぶ馬鹿労働者がいるが、こんなもん、法人税下げて輸出企業に消費税還付金まわってあぶく銭が増えた国家の税制政策にあるわけだから、まずは、政府責任を問う、さらには、法人税率を上昇させないと、なんら抜本的な解決にならない。
しかも内部留保金に課税したところで、それが国民の社会保障、ましてや生活保護受給金アップにつながる可能性は薄い。
せいぜい、小役人の給与や政治家の報酬を上げて、また企業への支援金に回るだけだろう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中