中小企業に支援して最低賃金向上を、というサイテーな主張

中小企業に支援、という洗脳から一刻も日本の馬鹿労働者は解放されてほしいものだ。
中小企業なんて、大企業の税金対策のダミー会社もあれば、ブラック企業もあるし、民商でも(日本共産党関係)違法労働があるのだ。
だのに、だのに、中小企業を支援して、最低賃金向上、というその最低な主張はなんやねん。
中小企業とは、小ブルジョアジー。
大企業にはペコペコし、だが、労働者をせっせと搾取し、ときには経営困難になると未払い残業、備品すら自腹させる悪徳企業が中小企業である。
中小企業に支援を、というのは最低な主張。 というのも、日本の現在の労働現場をゆがめている元凶の「派遣会社」も「中小企業」だからなあ。
中小企業に支援して最低賃金向上を、というサイテーな主張を一刻もやめていただきたい。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中