相変わらず、日本共産党は企業の内部留保をやり玉にあげて、無知な労働者の溜飲をおろす、さらに支持基盤の民商に受けたい、という愚かな「人気取り政策」しかできない

株価収入が上乗せしただけだろう。賃金減少は、派遣や請負や有期雇用に置きかえているからだ。そんなことわかりきったことだ。もう、金融投機しかできないのだ。そういうことだ。だいたい、輸出高はトヨタも減っている。株価収入と消費税還付金が、企業の「利子」にまわったのだ。
相変わらず、日本共産党は企業の内部留保をやり玉にあげて、無知な労働者の溜飲をおろす、さらに支持基盤の民商に受けたい、という愚かな「人気取り政策」しかできない。
この内部留保だけをやり玉にあげる語りは、とても重要な問題をはらんでいる。
つまり、ブラック企業の多くは、中小企業であり、中には赤字企業があり、その赤字企業こそが、「超ブラック」なのだ。
日本共産党はいつも経済を表面しかみない。
日本共産党が、いつも、決まって内部留保拡大と大企業をやり玉にあげても、そもそも日本共産党は国家ではないので、その大企業に「税強化」などできようがない、いったいなにをしたいのか、よくわからない。
大企業の内部留保を暴くことも大事だが、といっても、財務省の資料をそのまま赤旗は掲載しただけであるが、そのことよりわれわれ労働者が知らねばいけない「情報」とは自分が勤務している企業のバランスシートであり、そのバランスシートを労働者に開示させることが、労組の役割であり、そしてそこから賃上げ交渉が始まるのだ。
もっとも御用組合のように企業経営のためにバランスシートを見ても仕方がない。

大企業内部留保 過去最高313兆円
賃金減 役員報酬・配当増
15年度法人企業統計
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-02/2016090201_02_1.html

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中