政府に好景気をお願いする馬鹿日本人。こいつらは資本主義を理解できているのか?

「好景気」を期待するその思考が、経済音痴のカルトだ。
なぜなら、建前は自由主義の市場経済を採用している日本国は、各人の経済活動の「自助努力」により、社会全体の「経済」がよくなったり悪くなったりするが、それは「平均値」であるということだ。
つまり政府に経済が好景気にしてくれるよう期待という依存を示すくらいなら、ホリエモンのように「起業」でもすればいいではないか?
そうはいかない労働者はどうするのか。各企業へ賃金上昇の交渉を労組を通じてしか行うしかない。方法はそれしかない。
当たり前の話だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中