アホな貧乏人の好景気期待論という妄想

アホな貧乏人の「好景気期待論」は、資本主義が、市場の調節で動き、反復的な運動を繰り返すことであるので、政策で「好景気」を作ることができる、という妄想を信じていて俺から見て痛い。
その「好景気期待論」がアベノミクスにつながっている。
現在、重要なことは、労働者は景気にかかわらず、生活賃金が最低限度、保障されることである。
日本は通産省が存在していたころは、企業は銀行からカネかりて、そのカネを賃金に回したり設備投資に使った。
つまり好景気だから、賃金があがる、というのはなにをいいたいのかよくわからない妄想である。

アホな貧乏人の「好景気期待論」は、資本主義が、市場の調節で動き、反復的な運動を繰り返すことであるので、政策で「好景気」を作ることができる、という妄想を信じていて俺から見て痛い。
その「好景気期待論」がアベノミクスにつながっている。
現在、重要なことは、労働者は景気にかかわらず、生活賃金が最低限度、保障されることである。
日本は通産省が存在していたころは、企業は銀行からカネかりて、そのカネを賃金に回したり設備投資に使った。
つまり好景気だから、賃金があがる、というのはなにをいいたいのかよくわからない妄想である。だったら現在、自分が勤務している企業のバランスシートでも見ろ、って話だ。見たら、意外と「賃金に出せますね」という感想がでるだろう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中