不当労働行為になることがわかっていて企業は組合員を追いこむ

不当労働行為になることがわかっても、使用者は組合に加入している労働者を追いこむ。
追いこんで、自己都合でやめてもらえばいいしな。
なぜなら、不当労働行為の判定をとることが、まず、時間がかかる。
そして、不当労働行為の認定をしても、その認定は、企業に対してはポストノーティスをするだけで、罰則があるわけではない。
(なんら損害はない、単に紙が貼りだされるだけだ)
まず、このことを前提に考えて今後の労組活動を私は行いたい。
そして、労働委員会が行政の一部である以上、企業誘致で見せかけの「雇用対策」を小役人は考えているので、だいたいは、企業側に都合のいい「調査」しかしない。
(中には外部労組を排除するために連合系の御用労組(ゼンセン)が使用者と一体化して労働者を追いこむことがある)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中