鳥越俊太郎のペンの力はだめだよ、は、ダメなペン職業人には「癒し効果」を与えてしまう

ペンの力は今はだめだよ、という鳥越の言葉は、現在のペンを職業にしているものには「癒し」に聞こえる。だから、質の悪いペン職業人は、それを積極的に受け入れる。
だが、自分に自信があれば、というかそのような評価を気にしないペン職業人は、そういう状況を退役ペン職業人から上から目線でいわれたが、そのような発言は、私にはなんらダメージではない。
なぜなら、私は私が信じる仕事をしているだけだ、ととりあわないだろう。

ちなみに、若者の鳥越俊太郎支持は、私を理解してくれる「父」を鳥越にみただけの「倒錯」である。

鳥越 俊太郎 の 鳥越俊太郎 仕事の美学 君は人生を戦い抜く覚悟ができているか? を Amazon でチェック! http://amzn.to/2b6lqYP @さんから  仕事の美学、とか言っちゃう人だよ、確かに馬鹿の「琴線」には触れるわなあ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中