戦争で殺される前にすでに若者は、いじめ、ブラック企業、貧困で大量に殺されている

自衛隊を強化したくて若者を増やしたい日本政府だが、貧困が原因により加工食品を食べて栄養失調からくる突然死の若者が増えているのに、自衛隊に入って戦争で殺される、の前に、すでに「平和日本」で若者は死んでいる。
つまり、いくら日本政府が自衛隊に若者をリクルートしようが、すでに貧困やブラック企業、学校現場、いじめで若者は殺されているのだ。リクルートしようにも若者はすでに多くは死んでいる。
この認識のなさは日本政府だけではない。「戦争で殺される」とわめいている自称リベラルもわかっていない。
貧困が進めば進むほど、右派が望むような自衛隊強化はできない。
なぜなら、その貧困が原因の食生活の悪さが若者の身体を破壊し、とても、軍隊に向くような身体ではなく、または、その加工食品中心の食生活からくる突然死も増大している現在の現状では、右派が望む自衛隊強化など、できるわけがない。

旧日本海軍の潜水艦に乗った兵士は、真水を1日洗面器いっぱいしか渡されなかった。そんな過酷な状況は、私も耐えられないが、SEALD’sの奥田くんも「やまゆり園」を襲撃した植松容疑者も耐えられないだろう。

戦争で殺される、とわめく自称リベラルも、自衛隊強化したい日本政府も、若者が、いじめ、ブラック企業、貧困による栄養不足からくる突然死、などの「死」をわかっていない。戦争する前にすでに若者は大量に死んでいるのだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中