自衛隊に入って戦争で殺される、の前に、すでに「平和日本」で若者は死んでいる

自衛隊を強化したくて若者を増やしたい日本政府だが、貧困が原因により加工食品を食べて栄養失調からくる突然死の若者が増えているのに、自衛隊に入って戦争で殺される、の前に、すでに「平和日本」で若者は死んでいる。
つまり、いくら日本政府が自衛隊に若者をリクルートしようが、すでに貧困やブラック企業、学校現場、いじめで若者は殺されているのだ。リクルートしようにも若者はすでに多くは死んでいる。
この認識のなさは日本政府だけではない。「戦争で殺される」とわめいている自称リベラルもわかっていない。
植松容疑者のような障害者殺しを考えるような若者しかいないと仮定すると、日本がなぜ、戦争で勝てるのか。謎である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中