本当に「優生思想」をあなたは否定しているだろうか

「障害者はいらない、抹殺する」も言ってはいけないし、考えすら抱いてはいけないが、同じように「健常者はいらない、抹殺する」も言ってはいけないし、考えすら抱いてはいけない。
もし、「障害者はいらない、抹殺する」が、「健常者はいらない、抹殺する」より、ショッキングに聞こえるならば、それは、そう聞こえる人が「障害者」を、弱者、という「障害者本人」には、それは受け入れられているかどうかわからない価値としてしか見てはいないのである。
それは、本当に、「優生思想」を否定しているのだろうか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中