総理夫人だから、とその制約を求める行動こそが保守的な頭の固い考えではないのか

昭恵夫人の場合、奥さんであるので、総理夫人ということがなにやら権力性を抱かせてしまい、彼女の行動が、それが単に個人的な活動であっても、その「総理夫人」という意味に回収されてしまう。確かに総理夫人だから、行動の制約が伴うかもしれないが、その制約を求める考えこそが保守的な頭の固い考えではないのか。
これが、こどもだったらどうなるのか。安倍夫妻にはこどもはいないが、仮にこどもがいてそのこどもが旅をしたい(自分探し!え?)と言いだしたら、総理子供という意味に回収されてそのこどもの自立は阻害されないか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中