賃金上げる理由に平気で内需拡大とか言えてしまう頭の悪い自称運動家

賃金上げる理由がそもそも内需拡大といっている時点で、国家主義者か官僚か、そういう思考に染まったことを恥じない「自称社会運動家」。
内需拡大なんて、単に資本家にまた貨幣が戻って資本に転化し、その転化の形態は、せいぜい、不必要な設備投資という不変資本、不必要な商品生産という商品資本に変わるだけ。当然、不必要な商品資本ですから、過剰在庫でまたデフレ、そして賃金低下が進む。循環するだけ。
それだけのこと。

アベノミクスもトヨタの内部留保金で、トヨタの株を買い占める、という荒業をくりだすとかなw

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中