植松容疑者がかぶれた思想が極左テロ思想なら、逆に今度は管理人を殺害したことでしょう

植松容疑者は「反社会性人格障害」がエスカレートした。
彼を追いこんだのは、措置入院による孤立と生活保護打ち切りの貧困。つまり状況が彼を殺害に向かわせた。彼の頭の中では、どうも障害者が自分の生活を壊していると錯覚したのだろう。事実、介護体験の低賃金重労働がその彼の論理に根拠を与えてしまった。
僕はそう見ますね。
これが彼がかぶれた思想が、ナチ思想でなく、極左テロ思想なら、職員と管理人を殺害したでしょうね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中