鳥越俊太郎の、表面的な、なんら、本質に迫りたくない選挙活動が、日本の「ジャーナリズム」と呼ばれる言論の担い手のレベルであり、本質であることをまざまざと国民に示してくれた

鳥越俊太郎の選挙活動を見て、まだ、それでも、日本の「ジャーナリズム」が、存在している、と、考えられるほうが、優しさ病にかかった善意だけが取り柄の、思考放棄です。
鳥越俊太郎の、表面的な、なんら、本質に迫りたくない選挙活動が、日本の「ジャーナリズム」と呼ばれる言論の担い手のレベルであり、本質であることをまざまざと国民に示してくれた。
しかも、鳥越俊太郎は、選挙に負けて、悔しがるわけでもなく、今後はジャーナリストとして、小池都政を監視します、とまで無責任に述べている。
その、移り身の早さこそが、なんら反省しない、典型的な日本人です。
ということは、そんな表層しか負えないジャーナリズムの紋切り行動を疑うことこそが「読む」です。
つまりは、相模原障害者殺人事件を「ヘイトクライム」と
紋切り型で表現するその「記事」こそが、実は、もっともな「悪質な本質隠し」と見るべきです。
相模原障害者殺人事件をヘイトクライムと表現するジャーナリストは、そのジャーナリストが読むであろう読者が書いてほしいことを、需要に応えて書いているだけです。
そして、鳥越擁立もまたそのジャーナリズムの「需要」の「惰性」でしかなく、その「惰性」は彼の「選挙活動」そのものに示された。その「惰性」により「慣性の法則」のごとく、敗退した。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中