植松聖くんの悲劇を繰り返さないためにも

僕は今後、植松聖くんのような若者を生まないためにも、日本社会は若者の人生を使い捨てにしない社会設計を構築しなければいけないと提案します。
その人それぞれにあった職業やまた職業教育、社会での生き方などを日本の教育機関は若者に教えなければいけません。
そして、年長者が若者にそうやって接していくうちに自然と若者から尊敬されるそういう社会を目指すべきです。
もう植松聖くんの悲劇を繰り返すのはやめにしましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中