労働者の孤立を食い止めよう

孤立を防ぐには、労働者であれば、労組による社会の再生です。特にその労組で闘わなくてもいい。単に、しゃべり友達を作ってもいい。またおごっておごられの直接の人間関係の再構築を行うのです。困ったら労組の仲間がいる、そういうことが、労働者の孤立を防ぎ、さらに人間の孤立を防ぐと僕は考えます。
そういう仲間の不在が、植松聖に「ヒトラーの思想が降りてくる」という妄想へつながってしまう。
特に非正規による低所得労働者が増大した現在、この労組による人間関係の構築は重要です。
基盤はその人間関係の再構築であり、闘いなど後回しでもいいではないか。
その人間関係の再構築こそが、植松聖のような孤立化した労働者の犯罪を防ぐのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中