組織化ができていないから、世論調査というあやしいデータに左右される

投票をよびかけるというくだらない行為と組織化は別次元にある。組織化が為しえていないアトム的な人間の「集団」に社会が変貌したから(ポケモンGO!)、もう、投票を呼び掛けるというくだらない手段で政治参加させることくらいしか手段がないのだろうか。
果たしてそうだろうか?
大事なことはオルガナイザーの役割に注目をあてることだ。
組織化ができていないから、世論調査というあやしいデータに左右される。
組織化されていれば、だからなに?だ。
だが、組織化がなされていても弱いと、大阪ダブル選挙のように自民党を応援したがゆえ、世論調査なるあやしいデータで攪乱させられる。自民党支持者がおおさか維新に投じるようなことがそのひとつだ。
また、河添誠が、日本共産党員が小池を支持する、ということにありえない、と反発してしまうことがそのムキになる姿が組織化されていないことを示して余りある。
組織化されていれば、余裕癪癪で、わが党は、個人である党員の自由な投票権まで剥奪することはない、だが、われわれの結束は固い、といえるのだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中