なぜ、小池百合子と日本会議が脅威に見えてしまうのか?

小池百合子自身は政治力がある化け物のみたいな女性だが、自民党というか日本会議が強い、ということを見せつけたいだけかもしれない。
小池百合子がやばい、なんて大合唱していたら、かえってその言葉が「実現」してしまう。だから、やめたほうがいい。つまり、実は日本会議など、大した存在ではないところが、やばい、ということで、意味を与えてしまう。
なぜ、小池百合子と日本会議が脅威に見えてしまうのか。
相対的に、野党共闘がダメであることを、内心感じつつ、そのことを言えないもどかしさが、小池百合子やばい、という恐怖感情を抱いてしまう。
小池百合子の登場とそれに対する反発のジン・テーゼが、たんに「日本会議の研究」という本を注文する書店を増やすだけのことかもしれない。
その程度かもしれない。
問題は、野党共闘の、東京都知事選の候補者選びが、適当であること、このことが大問題であり、誰もそのことに向き合いたくない。
向き合いたくないから、過剰に日本会議副会長という肩書きの小池にびびってしまう。その心理こそが日本会議に屈服しているのである。
野党共闘支持者は、常に心理が敗北主義を抱えている。
ちなみに安倍が増田を切ってしまうのは、意外ではないが、そもそも自民党公認が増田であるがゆえ、応援くらいすればいいはずが、しないのは小池百合子都知事を前提に考えている。
小池百合子が都知事になっても改憲が国民投票で否決されることを一番恐れるのは誰あろう、安倍晋三である。
野党共闘もダメだが、自民党もだめであり、このような状況でどちらかに軸足をおけるのは、いささか、幸せ者であろう(と嫌味を言ったりして)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中