またもや偽の国民戦線で国民を騙す野党共闘

僕から見ると野党を支持する自称リベラルは、負けて反省もしない政治家どもにいいように調教されて、またもや小池百合子という敵をつくり、つかの間の「偽の連帯感情」を抱き、騒いでいるだけの家畜にしかみえない。
野党支持者は主体性はあるのか?
あれば、順序は、夏の参院選で負けた、まずは優先順位はその責任を政治家に釈明させるのが「倫理」であり「主体」である。そのことが立憲主義である。
立憲主義はなにも政権だけではない、あなたたち野党政治家も国民に縛られることを忘れてはいけない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中