敵は本当に小池百合子であろうか?

また、野党が、見誤った敵を作って負けるという愚かな選挙戦を東京都知事選で繰り広げ、盲信者の支持者がそれに、ハーメルンの笛吹のようについていき、失望する、という喜劇が行われている。
敵は本当に小池百合子であろうか?
猪瀬直樹が提議した「内田茂問題」こそが「深層」ではないのか。
それは、野党は決して言わずに、的外れな演説で終始している。
現在の野党は、「観念論」しか述べていない。
なぜなら、その都議会の利権構造のループにいるからではないのか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中