世襲ばかりの自民党議員は、江戸幕府のころの諸藩の大名や家来などよりひどい

世襲ばかりの自民党議員は、江戸幕府のころの諸藩の大名や家来などよりひどい。というのは、江戸幕府のころは、まだ、大名や家来は、「教育が厳しかったからな」。
だから、江戸幕府がなくなってもすぐ日本は近代化を行えることができた、というか、もう江戸幕府内部で自発的な近代化の芽生えがあった。
すでに幕府末期は幕府直営の造船所があったのだ。
薩長のような田舎者が仕切るより、江戸幕府の人間が近代化を仕切ったほうがどれだけましだったか、と僕は考えますね。
現在の自民党の世襲は、その薩長の田舎侍の末裔の内弁慶だから、小池百合子に手玉にとられている。その部分だけみても、自民党の世襲ぼんぼんは、いかにダメか、よくわかるものだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中