自民党の屈辱とは、なんなのか

自民党の最大の屈辱が、自民党を支持する層から国民投票で改憲を「否定」されること。
そして、学会員の反乱票が改憲に反対する。
ということは、自民党を支持する層は、自民党のアイデンティティともいえる「改憲」を支持してない、なにを支持していたのか。
これは、確実に自民党を「自我崩壊」に追いやる。
自民党にとって野党なんか、別に怖くない。
連合には自発的斥候みたいなUIゼンセンもいるしな(笑)
野党対策は、充分だ。
だが、内部の「反乱」にまで手が回らない。
自民党の敵は身内にある。
まず、小池がのろしをあげた!
そして、池田大作大先生の教え(護憲)に素直な学会員だ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中