国家・領土、それらは「地主が支配」している

国家とは領土だとみれば、巨大地主が国家の頂点にいると考えれば、領土拡大など、人民にはなんら無関係な拡大だとわかるはずです。
事実、スペインの巨大地主は何百年もスペインの大半を支配していたのです。
つまり、領土と地主は密接な関係にあるのに、日本共産党は尖閣は日本の固有の領土だと、地主の味方を、それも「共産主義者」が行うのです。
仮にあなたが小島に住んでいれば、そこは国家の領土だが、実質支配はその島を所有する地主です。
こうまで言っても、尖閣は日本の領土だという言い張る人は、地主から利権をもらっているのでしょうか。
そういえば、尖閣を購入した結果、日中関係を悪化させた旧・民主党はこの尖閣について責任を感じないのでしょうか、無責任な連中ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中