むしろ、当時の幕府のほうが薩長より開明的であった

僕は歴史が進んできた、というのは間違いではないかと見ています。
江戸幕府がそういいわけではないが、だからといってそれから変わった薩長が決していいわけではない。
むしろ、当時の幕府のほうが開明的であった。
勝海舟がそうでした。
すでに幕府やほかの諸藩も造船所をもっていた。
幕府内部の社会で静かに近代化は進んでいた。
鎖国だから閉じられていたというのは皮相な見方だ。
なぜなら杉田玄白がいるではないか。
当時の「日本人」のほうが、外からの情報摂取は貪欲であった。
でなければそのような下地がないのに、明治維新に変わって数年もたたないのに、それも地方の農民まで憲法を考えるだろうか。
明治維新は下からの近代化を田舎者の薩長が抑圧した最悪な政治形態です。
ちなみに当時の日本の通詞は外国人も驚くほどに高レベルであったそうだ。それは通詞の子に生まれれば通詞をするという英才教育のたまものではあったのだが。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中