今からでも遅くはない。 日本国民は自衛隊は違憲、というシンプルな原則論に立つべきだ。

今からでも遅くはない。
日本国民は自衛隊は違憲、というシンプルな原則論に立つべきだ。
自衛隊合憲論なる支配者に気にいられるような論は即刻、捨てよ。
時代が変わったから新9条だとか自衛隊合憲というその「時代が変わった」という言い草は「自民党改憲派」と同じだ。
自衛隊合憲論者は、憲法第9条第二項の、国の交戦権はこれは認めない、を読める読解力ありますか?
これは主権者である国民が、国家に戦争をさせないために「交戦権」を認めていない、ということなのだ。
自衛隊がいくら専守防衛の実力(過去の自民党の言い草を今は日本共産党がしゃべるという悲喜劇)と言い張ろうが、防衛で一戦交えれば「交戦」してしまうのだ。
そのことを正当防衛とする証明をどうみつけるのか?
散々、日本が尖閣を購入し、国連常任理事国の中国を挑発しておきながら、「正当防衛」は認められるか。あほか。

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中