日本には自衛権もない、交戦権がないからな。

以前から、私の疑問は、個別と集団を分けて考えるその思考法だが、個別も集団も、当然、それは戦争に違いはない。というか第一次大戦のように、当初は「個別紛争」が「集団」(連合国と同盟国)の争いになってしまう。
日本だって、尖閣は個別で対応だと「リベラル」がなぜか主張し、そこにロシアが加わってしまい、だったらアメリカ、英国と発展し、第三次世界大戦へつながる可能性は充分あり、しかも日本は交戦権を禁じているのになw

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

と宣言している以上、自衛隊の尖閣での敵国兵士殺傷は、刑法の殺人犯として自衛隊員が刑に服すだけです。もし、それが、刑法に服す、が行わなければ、自衛隊は、まさに違法国家に使われる違法軍隊として、世界から破壊されるか、PKOにたたきつぶされるだけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中