ダメなトップは変えろ、が民主主義の鉄則である

野党共闘に対し、人民が猛烈に抗議し、そのことが、野党共闘の分裂に見えてもかまわない、なぜならそのことで困るのは野党共闘の政治家であり、なんら人民は困らない。
抗議されてしまう野党共闘は、中身に「第二自民党」の要素がある、ということは、政権交代の前にその芽をつぶすのが、人民民主主義である。
なぜ、われわれ有権者が、有権者のあるカテゴリーの代表でしかない政党や政治家に遠慮して、または義理立てして、批判してはいけないのか。
それは、単なる身内をかばうという「家意識」でしかなく、民主主義ではない。
民主主義とは、批判であり、抗議である。
もし反安倍の人民が、猛烈な抗議を行い志位委員長や岡田代表を退陣させてしまうことは、それこそが人民の力でありその自信が安倍退陣のエネルギーになる、
僕のような考えは、スポーツ選手や勝負師やプロのビジネスマンなら理解できるはずです。

ダメなトップは変えろ、が民主主義の鉄則である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中