選挙は民主主義であるという人は、民主主義を理解できていない

選挙というのは、政治家を人民に選ばせる、という狡猾な方法であり、それは民主主義ではなく寡頭制である。事実、日本で議員として立候補するには供託金が必要とされる、まさにアリストクラシーであり、デモクラシーではない。くじ引きこそが民主主義である。
そして、投票に行こうと呼び掛ける人が謎であるのは、だったら自分が立候補して、政策を打ち出し、政治をまさに自身が行えばいい話であり、投票に行こうと呼び掛けることをけしかける政党は、だったら、SEALD、お前ら立候補しろ、というほうが誠実であるはずだが、それをしないのは、「政治家のエゴイズム」だ。
選挙に大多数の人民が行けば、手続きとして民主主義は維持されていますよ、という官僚の思惑を助けることだけが「投票に行こう」というバカな叫びである。
あえて叫ぶ、日本国民に向かって叫ぶ、棄権しろ!
与党、野党へノーをたたきつけろ!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中