労働者は勘違いしている

労働者は勘違いしている。
資本家の野郎が、俺たちから搾取した「剰余価値」できゃつらはいい生活をしている。トヨタの内部留保はなんだ~。
それは、一面的な見方で、日本共産党が低所得層を支持させたいために「内部留保」をアピールするだけで、それは、資本主義の半分の事実しか伝えていない。
資本主義では競争に必ず負ける企業は存在し、倒産では「剰余価値」は発生しないかわりに当然、労働者も路頭に迷う。また、倒産しないまでも万年赤字企業では、「剰余価値」による「資本の増殖」が起きないので、労働者の「賃金」をさらに「搾取」する。下手すると作業用品まで自腹にさせるかもしれない、私が勤務する名古屋の老舗百貨店・丸栄の子会社の栄工社のように。
実は、労働者にとって本質的に困った事態は「内部留保」ではない。
赤字企業である。
赤字企業だから「違法企業」に至る。その赤字企業である中小企業を税金さえ投入すれば、最低賃金が上がる(だろう)という主張は、最低である。
日本は、その最低な主張も含め、大衆向けの「安易な資本家攻撃」で終わる、というくだらない意見しかない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中