日本共産党の閉鎖体質を変えよう

僕は日本共産党はもっとアメリカナイズした開放的な個人の集まりになるべきだ、と考えます。
党員の意見がバラバラである。
バラバラこそが民主主義だ。
今のままだと、閉鎖的な村人たちが、お互い肩を組んでいる集団にしか見えない。
平党員(平社員?)が、いやあ、僕は若干、志位さんと意見は違うけど、安保法制が議会を踏みにじったことはそこは僕もそう見るとか、そういう風に個人の意見を言える政党になり、
記者が、ある党員が志位さんと違うと言っていましたが、と志位にインタビューしたら、志位委員長が、いやあ、うちはオープンだからね、といえるような体質に変わらない限り、この政党は、閉鎖的良民村人一致団結組織で終始し、なにも政治に影響を与えず、しぼんでいくだけでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中