自民党憲法とは「僕ちゃん安倍ちゃんに従え憲法」なんですよね

安倍「改憲派」の、アメリカが憲法を押し付けたに対し、実証的な事実を検証するのは構いませんが、法は、なによりも書かれた内容が重要ですので、さらにその法の主権的運用者は「国民」であるので、まずはそこを重視しないといけない。(っていうか司法塾の伊藤真先生がそう言っていますがw)
であるので、一応は、SEALDの国民をなめんな、は半分は正しい。(半分は正しくないのは永住外国人が反感を抱いてしまう)
だが、日本国憲法はおれだ、というSEALDの主張は行き過ぎです。
というのはその「俺」が考えたのではないのに…。
「俺」か「俺でないか」を重要視してしまうと「人治主義」に論理が吸い込まれてしまうのです。
歴史的な事実と現在の法の運用は「別次元」であるということです。
安倍「改憲派」が主張する「日本人が作る憲法」の真意は「日本人である自民党のその中の僕ちゃん安倍ちゃんに従え憲法」だということです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中