アメリカが日本国憲法を押し付けたかどうかは私には興味ありません

法はその内容に従うからそれは誰が考えようが作ろうが宇宙人や地底人が考えようが、議会で承認され可決されれば、法として機能を果たすので、法を誰が作ったか、にこだわるのは、実は、人治主義を無意識に求めているのです。
アメリカが日本国憲法を押し付けたかどうかは私には興味ありません。
日本国憲法の内容にしか私は興味はない。
安倍晋三をはじめとした俗に言われる「改憲派」(なぜ、法に縛られる首相であるはずの安倍が改憲を唱えることができるのか、その時点で法治主義が破壊されています)が、アメリカが日本に押し付けた、とその主語部分である「アメリカ」にこだわるのは、「誰が」作ったか、にこだわりたい、つまり、しかるべき人間が作るべきである、それはわれわれ自民党だ、と、人治主義を強硬に唱えているにすぎない。
簡単にいうと、遊びのルールをのび太が作ると誰も従わないがジャイアンが作ると渋々従う、だが、内容は同じだったりする。もっとも日本国憲法と自民党憲法は内容は違いますが、安倍自民党及び改憲派の、畢竟、主張したいことは、われわれ自民党が、掟であり、そのわれわれ自民党が口から吐き出す口臭が臭い言葉こそが、日本の法だ
、それだけを言いたいジャイアンでしかない。
だから、自民党憲法は、適当な内容なのです。それは、法治主義の観点から改憲を志向した小林節さえも戸惑わせる事態なのです。
なぜなら、自民党が推進する「改憲」なるものの実態は、人治主義であるので、自民党憲法には自民党議員の「私語」「趣味」が書かれてあるだけです。
日の丸を国旗にするとかしないとか、自民党の「趣味」です。そもそも、国旗の規定など憲法に書き込む必要性はない。
国旗の規定を書き込んだら、憲法上の基本的人権である思想の自由、良心の自由と矛盾してしまうではないか。
それも、自民党の「趣味」でしかない日の丸に

何が問題であるかを明確にクリアーに見ることが大事であるので、
現在、論争(になっているのかしりませんが)である改憲護憲の争い設定が問題を見えづらくしている。
安倍自民党の目的は人治主義であるので、問題設定は、法治主義と人治主義の対立であり、当然ながら近代国家である(ヒソヒソ、えっ?日本が?)日本が人治主義を採用していいのか。
身近な問題でいうと就業規則がありながらも、労基法がありながらも、俺が掟だ、で貫き通すタコ社長、タコ管理職のような存在が安倍自民党である。
だが、奴隷根性が染み付いた日本国民は、安倍自民党の人治主義に従うでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中