多くの労働者は勘違いしている

多くの労働者は勘違いしている。
われわれを搾取して資本家は儲けている。確かに半分正しい。
だが、儲かっていない資本家も存在し、その資本家の企業では、労働者は、搾取を超えて、収奪される。
赤字の企業にいればいるほど、労働者は、身ぐるみはがされる。
だから、赤字企業の経営に協力を、と考える労働者は基本的に頭悪い。
そんな企業は早く倒産させて、労働者債権の獲得だけを考えるのだ。
つまり、どこぞのAEQUITASのように中小企業に税金を、というスローガンはその赤字企業の労働者の収奪を助けるだけの反労働者的反動である。
許してはいけない。
中小企業に税金を、なんて泥棒に追い銭だ。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中