日本の言論の自由の危機とは?

日本の言論の自由の危機は、国家権力からの不当な弾圧もあるが、それ以上に、例えば、フェイスブックの何とかのグループで、そのグループが容認しえない投稿が見つかり次第、スパム報告され、グループを退会させられるその「見えざる排除」である。いくらその投稿が、そのグループが容認しえなくてもそれは、意見として、認めなければならない。
そのグループが容認しえないというたったそれだけで、そのグループから排除されてしまうのは、まるで、国家権力ではないか。
ちなみに日本共産党のFBグループのように、この会は党関係者のグループであり、「著しくこのグループの品位を下げたり、日本共産党または選挙候補の誹謗中傷的な書き込みはその都度消去し、書き込みをした本人を追放しますのでご了承ください。」(誹謗中傷の基準が、マイ基準なんでしょ。)と書いてあれば、第三者は、君子危うきに近寄らず、と近づかないし、その会は内輪向けで盛り上がっておしまい、ということだから、私には興味ないが、多くの政党やセクトをにおわせないFBグループにそういった政党、セクトの「見えざる排除」が、

安倍政権と同じ言論弾圧というか、もっと陰湿だ。

というのは、自分たちは「平和と民主主義」を守っている、といっているからだ。

インターネットは室内のストリート、画面上のストリートであるから、それは常にノイジーなのだ。
そのノイジーに耐えられなくなると「しばき隊」のような無残で終わる。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中