天皇は天皇という公務員でしかない

天皇は天皇という公務員です。それは象徴職です。
天皇をその社会的地位から見て君主と言いたい人はいるけど、法律に天皇は君主である、と明記されていないので、それは、国民の象徴というその公務を行う公務員であるがゆえに、国民総意にその地位は認められる、だ。
ただ、この総意と天皇という公務が、世襲で継承されるのは、矛盾ではないか。総意で、その天皇、気に食わん、と国民が言い出し、っていうか、皇室から天皇という象徴、選べばいいんとちゃう、ということになれば、世襲が終わるw
そして、世襲は、法の下の平等、天皇自身の職業選択の自由を奪う。
その象徴職とは具体的に何か。
現在、アキヒトが行っていることがそうです。アキヒトが日本国憲法を擁護したり、平和を愛するようなことを言うのは、日本国憲法の前文に書かれてあるように「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」という象徴です。
つまりは、アキヒトの人格がいいかどうかなど逆に、いやらしい見方なのです。むしろ、アキヒトは、天皇という公務から逸脱してないな、と国民はむしろアキヒトをチェックするのが、民主主義です。
役所に行って公務員が人格がいいかどうかなんて関係あらへんやろ。
ちゃんと「手続き」さえしてくれればいいのと同じように天皇も、「象徴職」を全うすればいい、それだけ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中