そもそも第9条には他国からの侵略を防ぐとは書いていないんですが?

そもそも保守タカ派(たとえば百田だ)の憲法第9条で日本に対する侵略が防げないだけど、その時点で第9条を何なのかを理解していない。
これは、日本政府に対して軍事暴走をさせないという国民の立憲主義的な縛りだから、日本が第9条で侵略を防げるなどとはこの条文に書いてないわ!

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

これは日本政府に戦争するな、と国民が権利として縛っただけだ。
だから、過去の自民党は「自衛隊は専守防衛」と主張してきたのだ。侵略行為を防ぐのは自衛隊じゃねえか、あほかタカ派。
っていうか、実際問題、米軍基地と自衛隊のダブルが侵略を防いでいるとも言える。

だから他国からの侵略行為があったとしても憲法第9条を変える必要はない。なぜなら自衛権は自衛権として存在するからだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中