小林節は知見が保たれている分、野党共闘よりはるかにまし

小林節がいくら改憲派でも日の丸を憲法に入れるなといっているわけだから、まし、です。そのことで自民党へ闘う姿勢を示した。むしろ、天皇に頭下げる自称左翼の日本共産党のほうこそ悪質。

わかりやすくいえば、小林節は「信用できる大人」ではないか。
だが、野党共闘は、言葉は勇ましいが、「本当に我々の味方なの?」と子供ならいうのではないか。

ここは高度の政治的判断を要するが、ヘタレ左翼を選ぶなら、まだ、知見が保たれている保守政治家を選んだほうが、人民にはまし、である。

このまま野党共闘が進んでも「オランド」になるだけですよ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中