「自民党」と「野党共闘」でワンセットの「全体主義」という日本

2009年の民主党政権誕生の背景に、小泉構造改革の継承を民主党が行ってくれる、という期待が「大衆」にあり、その「期待」が民主党政権を生んだ要因のひとつだが、その政権が生まれる前に安倍第一次政権は勝手に安倍が放り出し、その後の自民党政権は入れ替わり立ち代わりして、自民党に失望していた「中間層」の離反が、民主党政権を生んだ。
だから民主党政権が生まれた時も僕は大してなにも感慨もなく、自民党と似たようなものが、形を変えて生まれただけとしか見ていませんでした。
鳩山由紀夫氏ももともとは自民党だったわけだし。鳩山由紀夫も地盤政治家だから彼がなにやろうが、僕はブルジョアの遊びとしか見ていませんでした。
なぜ、自民党が執拗に民主党を攻撃したのか、それは近親憎悪です。
近親憎悪ほど、しつこく、いやらしい攻撃はない。
(在特会に対するしばき隊も近親憎悪です)。
多くの方は、鳩山と管に断層があると、鳩山を擁護したい気持ちでいっぱいですが、鳩山→菅→野田、はワンセットで、それは単に「福田康夫」から「自民党民主党派」に変わっただけです。
小沢一郎は「政権交代」が目的であって「政策実現」ではない。
小沢一郎に過剰な期待を抱く「日本人」も私には理解できません。
小沢一郎に取って「戦後保守政治」の枠組みは破壊しないままの政権交代が主目的であり、それは「政権交代」のようにみえて、実質は「派閥交代」でしかない。
政治そのものを大きな「自民党」にしたいという野望が小沢にあるとしか僕には見えませんね。
だから、現在のウルトラリアリストになった志位委員長は「自民党日本共産党派閥」の「分会長」です。
岡田氏はそもそも「労使協調」の連合が基盤の旧民主党の自民党の「雇用部門」を補佐しているだけの「分会長」です。
ということで、自民と野党共闘はワンセットで「全体主義」の派閥争いをしているだけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中