タックスヘイブンを行った企業や富裕層に対して国家は黙っていてはいけない

タックスヘイブンを行った企業や富裕層に対しては、国家は厳重に罰を与えるべきだ。
なぜなら、
日本国憲法第二十九条  財産権は、これを侵してはならない。
○2  財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
○3  私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

第三十条  国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。

が空文化してしまうではないか。

そのために罰を与えるのは無理としても、何らかの方法で、それら企業・富裕層に説明させる必要がある。

富裕層や企業がタックスヘイブンという手段で税金逃れするなら、だったら、賃金低下にあえぐ大衆も、だったら税金払わない、になってしまうではないか。
それが「公共の福祉」を破壊してしまうのだ。

タックスヘイブンを行った企業や富裕層に対して国家は黙っていてはいけない

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中