出来レースの自民と野党共闘の「対立」

ネトウヨが右翼のブランドを貶めたことに対して、しばき隊やほかカウンター界隈ほかもろもろが怒っているだけ。
しばき隊もほか日本人としてヘイトスピーチに反対すると言うようなタイプもネトウヨに対して怒っているのは、それは怒る側が「右翼」だからだ。
それは日本共産党が「右派社民党」であることと構造が似ている。
日本共産党は「日本という国家」、そのものの価値の共有を自民党と示しあわせており、その価値の中で安倍政権がレベルが低い、つまりネトウヨのようなものだから、安倍政権を批判するのであって、それはなんら根本的な対処ではない。
ネトウヨを退治しようが、右翼は残存し、安倍政権を退治しようが経団連ほか資本、右翼団体は残存し、「日の丸」は「平等」に「照らす」のだ。その「平等な日の照らし」こそが日本共産党が「求めている」それだけのことだ。
ここには対立があるように見えて、人民を自民党とともに従わせたい日本共産党の狡猾な知恵しか見えない。
自民党も日本共産党もともにアンシャンレジームであり、その手法が、企業につくか、一般市民につくかだけの違いであって「日の丸」が好きな「国民」であることに変わりない。
民進党なんか、企業の防衛しかしないまったくあほな政党である。
日本には人民を代表する政党はない。
「市民」を代表する政党はあっても。

自民と野党共闘なんか出来レースとみて冷めた目で選挙に対応すべきです。
野党共闘がいくら勢いをましても、所詮、オランド化するだけです

自民と野党共闘、それは出来レース。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中