資本が叫ぶ経済成長しないと賃金上昇はできないは真っ赤のうそ

資本が叫ぶ経済成長しないと賃金上昇はできないは真っ赤のうそ。なぜなら、小泉構造改革のとき、いざなぎ景気を超える景気拡大があったが、それでも「賃金は上昇していない」。
つまり、労組が労使癒着の労組もあり、労組の交渉力があるところとないところがあり、というか労使癒着は、交渉力以前に企業のいいなりであるので、そもそも交渉していない。
問題は、企業に真に敵対的な労組が一般労組やコミュニティユニオンの数々、関西生コンだけしかないということだ。
ここから言えるのは、巨大な労組かつ企業に敵対的な労組こそが一挙に賃金上昇を行える。個別ではむつかしい。

労組の目的は政治活動ではない。
さらにいえば政党のビラまきではない。

労働者の待遇向上が主目的である。

賃金低下に歯止めを!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中