自民党に闘う国民?だったら自民党を支持する国民はなんやねん??

野党が作った自民党に闘う国民、というロマン主義的な政治物語戦略はそもそも無理がある。
なぜなら、自民党を支持する富裕層や大企業で働く層は「国民」ではないのか?だ。
野党が「国民」「国民」と絶叫すればするほど、対する自民党シンパは、俺たちこそ国民だ、この野郎、日本会議だ、改憲だ、日本の伝統だ、とか逆襲して、収拾がつかなくなる。
つまり、野党の自民党に対するその対抗策が、あまりにも幼稚なのだ。というか、考えすぎ病ですね。
彼らは、票しか頭にない高学歴左翼だから、
バーニーのような「信念」があって行っているわけではない。
バーニーにとって格差是正、弱者の側に立つ、はどこぞの日本共産党のように「方針」ではないのだ。
バーニーはそれは「信念」なのだ。
「方針」と「信念」この違いは大きい。
バーニーのように政策が「信念」であれば、無敵なのだ。
策もいらない。
なぜなら、その政策を支持する層へのアピールとオルグでいいのだ。
わかりやすいのだ。
ということは、日本にバーニーのような政治家を生むのは簡単な話だ。
私は主婦の代表です(山尾志桜里議員)私は沖縄人の代表です(翁長県知事)と自分が拠って立つ層、の代表であることを明確化することだ。
ゆめゆめ、国民の大義なる政治コピーではだめだ。
民進党は労働貴族の代表、と宣言してもいいじゃないですか。

さらにいえば国民、国民と野党が絶叫すればするほど、本来、投票はできないが、支持してくれそうな在日を排除してしまう。これは「国民連合政府」のミスだ。
マイノリティを味方につけることが戦略上の勝利につながることをわかっていない政治音痴が「国民連合政府」案ですね。

われわれは、野党は単に弱者の味方に立つ、でいいのだ。
さらに、在日に演説してもらう。
これは高学歴左翼馬鹿には票にはつながらないと単純に考えるが、在日が演説できることで彼らの声が「政治として形成」される。それは強力だ。

そして、マイノリティを味方にすれば勝てる、の法則はバーニーが踏襲している。

野党のその方法は「国民」という寄らば大樹の幼稚な高学歴左翼の失敗である。

鉄則 マジョリティは、すぐ裏切るが、マイノリティは裏切らない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中