ところで、その国民はこの世界に存在しているのか

ところで、日本会議も日本共産党も自民党も民進党もSEALDも山口二郎もそうですが、あななたちが唱える「国民」はこの世界に存在しているの?その国民は、誰?

だが、山尾志桜里議員だけは、国民である個人のブログから保育園問題を国会で追及した。それであれば「国民」は誰かはわかる。

山尾志桜里議員にとって「国民」は「働く主婦」である。それは明確だ。揺るぎがない。

だが、日本会議や日本共産党も自民党も民進党も唱える国民は、いったい誰なのか?

それはこの世界の上に存在しているのか?

生活の党の小沢一郎も百人会ったので、彼も国民は明確です。
それは、要はつまるところ、生活する普通の国民、ということだ。それも揺るぎがない。

だが、日本会議や日本共産党も自民党も民進党も唱える国民は、いったい誰なのか?

つまり、政治が、変転しているのだ。

だから、私は、自民党も民進党も共産党もアンシャンレジームとして批判する。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中