志位委員長には、戦術しかない、それは確実に負ける

志位委員長は選挙で負けても悔しがるわけでもなく敗退責任説明をしないのは、それは彼が行う政治はそのときどきの戦術だからだ。
それはバーニーのように信念ではないから、志位の中では傷つかずに済む。
志位委員長が立憲主義を主張したのは、それは安倍に対応しただけで彼の政治的信念ではないのだ、それはあくまで「戦法」だから彼はいくら選挙で負けようが自分をカッコ内に入れられるのだ。
日本共産党にとって最大の目的は、自民党と「戯れる」ことであって、なんら政治的実現を行うことではない。そのような政党もまた「アンシャンレジーム」である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中