負けた選挙の責任説明要求を野党政治家どもに人民が求めることが民主主義

僕は何度も言いますが、負けた選挙の責任説明要求を野党政治家どもに人民が求めることが民主主義だと考えているし、それが代議制のベースです。でないといつまでも反安倍の「お上の命令」に唯唯諾諾に従うだけの「必ず安倍に勝てるはず奴隷」になってしまいます。
負けたことの重大性を自民党に拮抗しているとかいって自分たちの負けを認めないのは、安倍政権と同じ心理です。
それは「否認」です。
野党共闘は負けている。その事実からいかに、安倍政権を倒すかという戦略を野党政治家どもが示さないのであれば、人民は野党政治家を弾劾すべきだ。
そして、無能野党政治家どもに緊張感を与えるべきだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中