労組は経済上の闘争が主たる闘争である

労組は経済上の闘争が主たる闘争であるので、決してカネのためではない、とか、いってはいけない。というのは賃金上昇とは?
カネのためである。
だが、外見的には、見栄えが悪いので、労働者の権利のため、といっておいて、内部では、決して運動はカネのためではない、といってはいけない、〇〇分会の賃金上昇のため、(つまりはカネのため)というべきである。
さらにいえば、労働者は、賃金上昇により内需拡大型景気回復、景気上昇のときは、「強い」のである。簡単に言えば「売り手市場」だが、その「強い」になってほしくないから資本は内需拡大型を避けるのである。
そして、大事な観点は労働者が強い時期に、どれだけ労働運動を活発化させられるか、どれだけ、資本を規制するか、だが、もう日本は手遅れである。
そして「ブラック企業問題」は、本来は公務の仕事であり、それは労組も行う問題ではあるが、公務、つまり労基署が積極的に、公共の福祉の観点で解決しない限り、永遠に解決しない、ゆえに「ブラック企業問題」は労組が取り組むときは、「賃金上昇要求」のなかに位置付けたほうがいい。
労組の主たる闘争は「経済闘争」である。
「経済闘争」の勝利を労組がおさめないかぎり、民主主義は生まれない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

労組は経済上の闘争が主たる闘争である」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 労組は経済上の闘争が主たる闘争である — あるワーキングプアの考え – 政治

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中