海外で戦争でできる国にしてはいけない、などということ自体が戦争をわかっていない

海外で戦争でできる国にしてはいけない、などということ自体が戦争をわかっていない。
戦争とは海外で行わないと、自国民が死んでしまうではないか?
いっているやつはあほなのか。
端的にあらゆる戦争に反対するでいい。(レーニンのように革命戦争はいいなどと言うのも時代遅れだ)
専守防衛すらそれも戦争だ。
であれば、自衛権も拒否する。
その不徹底が現在の日本の自称「反戦運動」の弱さである。
自衛隊は違憲である。
いつから日本から「外交」により国際協調で平和を構築する、という旧来の官僚の立場を放棄したのか。その放棄こそが憲法遵守義務にも反しているのだ。

戦争の放棄ならぬ、平和外交の放棄。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中