今後、どんなクレイジーな出来事も「みんなのため」「お国のため」で、上から正当化されますね

今後、どんなクレイジーな出来事も「みんなのため」「お国のため」で、上から正当化されますね。
その論理にもっともはまりやすいのが「戦後左翼」です。
彼らこそ「みんなのために論理」が内面化した最強の皇軍兵士になる可能性は高い。さらに「がんばろう」もある。
この「みんなのため論理」にもっとも染まらないのが誰であろう。それはホリエモンと橋下だ。
柄谷行人が予言したように戦争に最後まで反対するのは、民主主義者ではない、自由主義者だ、が今後、ホリエモンの「わがまま」な行動で証明されてしまうだろう。

僕の予想では、橋下は、自分の権力のために「みんなのために論理」を操る。彼はだが信じていない。
ホリエモンは、あの暴言で戦争間違っているよ、と反対する。
そして、志位と岡田は戦争に協力するであろう、だ。

当然、日教組なんていの一番に「お国のため」を言いだしますよ。この源流は国防婦人会ですからね。

「自分はみんなのためにみんなは自分のために」という戦後幼稚左翼が「戦争協力」する日は近い。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中